昔行われた姓名判断の内容とは

- 昔行われた姓名判断の内容とは

昔行われた姓名判断の内容とは

姓名判断はどんな名前でも行うことができます。
そのため以前まで活躍していた偉人や歴史上の人物を姓名判断で占うことだってできるんです。
手相や血液型、星座占いなどはその人のパーソナルデータを持っていないと占うことは不可能ですが、姓名判断は名前さえあれば占うことができるので今まで活躍した人たちがどんなは名前を持っていたのか、またその名前でどうやって成功したのかというのがわかるようになります。
昔の偉人は名前を変えることが当然でしたので、幼名や通称名などを比較して占ってみるのも楽しいかも知れません。
偉人の運勢を今から見ることでその人のほんとうの姿を見ることができるかもしれません。
占いというのはそういう楽しさもあります。


だれもが知ってるあの人を占う

今でも人気が高い偉人といえば、やはり坂本竜馬ですね。
明治維新の大きく変えた人物として様々なメディアで取り上げられています。
その人気は老若男女高く、ドラマや映画、アニメ、小説などたくさんの作品でモチーフにされています。
そんな坂本竜馬の姓名判断をしてみると、面白い結果が待っていました。
第一に、坂本竜馬というのは通称名であり本名ではありません。
本名は坂本直柔。
ちょっとイメージと違う名前になりますが、幼少のころはこの名前で将来にかかわる鍛錬をしていたのでしょう。
さて運勢ですが、全体的に才能があると出ているようです。
才能だけではなく人気や成功、基本的な運勢の高さ様々な要因が詰まっており飽きない生活ができると出ているようです。
どんな占い方をしてみてもこの名前はいい評価をしているようで、坂本竜馬が現代にまで名前をはせている理由がわかる気がします。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »