姓名判断の見る場所とは

- 姓名判断の見る場所とは

姓名判断の見る場所とは

占いとして定番な姓名判断に置いて、とても重要なのは「画数」です。
名前の画数によって占いの結果が左右されます。
また、そのときの運気や、気になる相手との相性までも分かることができるのです。
画数の判断や診断、計算の方法などは流派によって違いますが、基本的には同じような流れとなります。
その人の持つ漢字はその人ならではのものがありますので、たとえ同じ漢字を使っていても全く別の運勢になることが多いのです。
それも面白いところだと言えるでしょう。


画数の計算方法

姓名判断で画数を決定するときは、様々な情報に基づいて決定します。
その情報は流派によってさまざまに変わりますが、基本的には常用漢字の画数と同じ扱いをしています。
また流派によっては中国で使われている漢字をもちいる場合や、旧字体の画数を利用する場合もあります。
名前によっては平仮名を使われていたりカタカナを使われていたりしますが、その場合にはひらがなやカタカナの画数を使用します。
また偏やつくりなどの部首もその語源となるものを加味して画数が変わったりします。
例えばさんずいは水をもとにして売られた部首ですので、画数にすると、水のように 4画と計算されてしまいます。
本当に流派によって全く異なる見解をするのはこのせいです。

画数を調整する仕事

赤ちゃんなどにつける名前になると、これからの運勢を願って縁起のいい名前をつけるのが当然なります。
その場合苗字を見て全体の画数のバランスや漢字のバランスなどをすべて考えて名前をつけるようになります。
こうすることによって将来的に明るい未来をもった名前を付けることができるのです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »